PMネットワーク情報発信 法改正 労働保険

PMネットワーク情報発信

総数386件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129

平成28年「就労条件総合調査」の概況が発表されました。

【内容の一部】

-------------------------------------------------------------------------------------
1.所定労働時間
  1日の所定労働時間は、1企業平均7時間45 分(前年7時間45分)、労働者1人平均7 時間45 分(同7 時間45 分)となり、前年との変化それほどみられませんでした。

2.年間休日日数
  平成27 年(又は平成26 会計年度)の年間休日総数の1企業平均は108.0 日(前年107.5 日)、労働者1 人平均は113.8 日(同113.2 日)となっており、0.5日増える形となりました。

3.年次有給休暇取得状況
  平成27 年(又は平成26 会計年度)1年間に企業が付与した年次有給休暇日数(繰越日数を除く。)は労働者1人平均18.1 日(前年18.4 日)、そのうち労働者が取得した日数は8.8日(同8.8 日)で、取得率は48.7%(同47.6%)となっています。

4.年次有給休暇時間単位取得状況
  年次有給休暇を時間単位で取得できる制度がある企業割合は 16.8%(前年16.2%)となっています。

-------------------------------------------------------------------------------------

所定労働時間を維持しつつ有給休暇の取得率を上げるということはどこの事業所も頭を悩ますところだと思います。プレミアムフライデーも始まり、これを有給休暇の時間単位取得で活用する事業所もありますが、これからはこの有給休暇の時間単位取得が鍵を握りそうです。


詳細はこちらをご覧ください。

国会に提出されていた雇用保険料率引き下げ案について、
平成29年3月31日、答申を踏まえ決定されました。

-------------------------------------------------------------------------------------
■ 雇用保険料率の引き下げ(平成29年4月1日から適用)

<一般の事業>

従業員負担:賃金の4/1,000 → 3/1,000

事業主負担:賃金の7/1,000 → 6/1,000


<農林水産・清酒製造の事業>

従業員負担:賃金の5/1,000 → 4/1,000

事業主負担:賃金の8/1,000 → 7/1,000


<建設の事業>

従業員負担:賃金の5/1,000 → 4/1,000

事業主負担:賃金の9/1,000 → 8/1,000
-------------------------------------------------------------------------------------

平成29年3月分より健康保険料率および介護保険料率が上がりましたが
雇用保険料率は下がることになりました。

平成29年4月分の給与・賞与より雇用保険料率が改定となりますので
処理の際にはお気を付けください。


詳細はこちらをご覧ください。

協会けんぽでは、高齢者医療制度における納付金・支援金及び保険給付の適正化を目的に、
健康保険の被扶養者となっている方が現在もその状況にあるかを確認させていただくため、
毎年度、被扶養者資格の再確認を実施しています。

-------------------------------------------------------------------------------------
■ 平成29年度の実施

平成29年6月上旬より、順次、被扶養者のリストが送付されます。


■ 再確認の対象者

協会管掌健康保険の被扶養者。

ただし、次の被扶養者を除きます。

@平成29年4月1日において18歳未満の被扶養者

A平成29年4月1日以降に被扶養者認定を受けた被扶養者

B任意継続被保険者の被扶養者

※すべての被扶養者が上記@またはAに該当する場合、再確認は不要です。
 (事業主様へ被扶養者状況リストは送付されません。)


■ 平成28年度の実施結果

・削除人数:7.0万人(平成28年10月末現在)

・削除による効果:22.7億円程度
-------------------------------------------------------------------------------------

本来、健康保険の被扶養者から削除しなければならない方が届出を行っていないと、
その被扶養者分についても協会けんぽの支援金等の額に追加され、
皆様の保険料負担も増えることになります。

被扶養者が就職し健康保険に加入したものの扶養削除のお手続きが漏れていた、
とならないようにご担当者様はお気をつけください。


詳細はこちらをご覧ください。

総数386件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129