PMネットワーク情報発信 法改正 労働保険

PMネットワーク情報発信

総数431件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144

平成26年4月から、70歳から74歳までの健康保険被保険者・被扶養者の方が
窓口で支払う医療費の一部負担金割合が、段階的に引上げられることとなりました。

------------------------------------------------------------------------------
【現状】

◇ 70歳〜74歳までの一般・低所得者・・・1割負担

◇ 70歳〜74歳までの現役並み所得者・・・3割負担


【平成26年4月から】

◇ 平成26年度から70歳に達する一般・低所得者・・・2割負担

◇ 平成26年3月末までに70歳に到達している方〜74歳までの一般・低所得者・・・1割負担

◇ 70歳〜74歳までの現役並み所得者・・・3割負担


※現役並み所得者
国保世帯:課税所得145万円以上の70歳以上の被保険者がいる世帯
被用者保険:標準報酬月額28万円以上の被保険者及びその被扶養者
------------------------------------------------------------------------------

なお、平成26年3月末までに70歳に到達している方
(誕生日が昭和14年4月2日〜昭和19年4月1日)は、
引き続き自己負担割合は1割で診療を受けることが出来ます。


詳細はこちらをご覧下さい。

雇用保険料率は毎年の財政状況に応じて変動します。

平成26年度の料率は、平成25年度の料率が据え置きとなることが告示されました。

-----------------------------------------------------------------
○一般の事業 13.5/1,000

(内訳)

事業主負担   8.5/1,000

被保険者負担 5.0/1,000


○農林水産・清酒製造の事業 15.5/1,000

(内訳)

事業主負担   9.5/1,000

被保険者負担 6.0/1,000


○建設の事業 16.5/1,000
       
(内訳)

事業主負担  10.5/1,000

被保険者負担 6.0/1,000
-----------------------------------------------------------------

年度更新の時期が近付いていますが、
雇用保険被保険者の確認や賃金データの準備とあわせて
特別加入者の日額変更、保険料免除となる高年齢者の確認も忘れず行い申告に備えましょう。


詳細はこちらをご参照下さい。

毎月勤労統計調査の平成25年分結果確報が公表されました。

------------------------------------------------------------------------------
◇ 賃金

・現金給与総額は前年と同水準。

・所定内給与の前年比は0.6%減と8年連続の減少。

・所定外給与の前年比は1.8%増と4年連続の増加。

・特別に支払われた給与の前年比は2.1%増と2年ぶりの増加。


◇ 労働時間

・総実労働時間の前年比は1.0%減と2年ぶりの減少。

・所定内労働時間の前年比は1.3%減と2年ぶりの減少。

・所定外労働時間の前年比は2.3%増と4年連続の増加。
------------------------------------------------------------------------------

賃金の内訳について、一般労働者の賃金は上がり、パートタイム労働者の賃金は下がっています。

しかしながら、雇用者数で見ると一般労働者は減少しパートタイム労働者は増加しています。

所定外労働時間および所定外給与が前年より高くなっていることも勘案すると、
一般労働者数は出来る限り最小限に抑え、
突発的な業務はパートタイム労働者でまかなっていることが考えられます。


詳細はこちらをご確認下さい。

総数431件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144