PMネットワーク情報発信 法改正 労働保険

PMネットワーク情報発信

総数428件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143

● ハローワークへの大卒等の求人公開日 4月1日に前倒し ●

年が明け、そろそろ2019年度入社の新卒採用のスケジュールを立てる時期になりましたが
今回、ハローワークでの2019年度の大卒等の求人の取扱いが変更となりました。
今後、求人の申込みを行う際には理解しておくことが求められます。

【内容の一部】
--------------------------------------------------------------------------
1.大卒等予定者の就職・採用活動の開始時期
・広報活動:卒業・修了年度に入る直前の3月1日以降
・選考活動:卒業・修了年度の6月1日以降

2.今後のハローワークでの求人の取扱い
・求人の受理:2月1日以降
・求人の公開:4月1日以降

求人の公開時期を早めることで、学生にとっては業界研究を行いやすくなり
また企業にとっても学生への広報活動を有効に行うことが可能となります。
ハローワークでの求人の受理が2月1日からスタートすることから
求人を出す予定がある場合は早めに準備をしたいものです。
--------------------------------------------------------------------------

新卒採用は超売り手市場となっており、今後もこの状況が続くことが見込まれます。
そのため、企業としては自社のアピールポイントを分析し、同業他社との違いを打ち出したり
どのようなキャリア形成ができるのか伝えることができるようにして
優秀な人材の獲得につなげていきましょう。

厚生労働省「大学等卒業・修了予定者の就職・採用活動時期について」
こちら

一般社団法人 日本経済団体連合会「採用選考に関する指針」
こちら


● 障害者雇用 雇用人数・実雇用率ともに過去最高を更新 ●

平成30年を迎え、いよいよ今年4月より障害者の法定雇用率が2.2%(民間企業の場合)
に引上げとなります。これに伴い「平成29年 障害者雇用状況の集計結果」を確認して
おきましょう。

【内容の一部】
--------------------------------------------------------------------------
1.障害種別の雇用状況
 身体障害者 333,454.0人(対前年比1.8%増)
 知的障害者 112,293.5人(同7.2%増)
 精神障害者 50,047.5人(同19.1%増)

2.法定雇用率達成企業の割合
 法定雇用率を達成している企業の割合をみてみると、50.0%と前年の48.8%から
 1.2%上昇しています。

3.法定雇用率未達成企業の状況
 【障害者を1人も雇用していない企業(0人雇用企業)の割合】
   50人以上100人未満  96.0%
   100人以上300人未満  34.8%
   300人以上500人未満  1.4%
   500人以上1,000人未満 0.4%
   1,000人以上       0.0%
--------------------------------------------------------------------------

4月より法定雇用率が2.2%へ引上げとなりますが、さらに3年以内には2.3%となる
ことが決まっています。そのため、長期の視点で、これまで以上に障害者雇用に
対する積極的な取組みが求められています。

詳細はこちらをご覧ください。

● 労働者名簿、賃金台帳を始めとした人事労務に関する書類の保存期間 ●

人事労務に関する書類の保存期間は、それぞれ適用される法令により
定められています。書類により保存期間が異なるため、
作成したときから破棄することを想定しておくことで、スムーズな整理が行えます。

【内容の一部】
--------------------------------------------------------------------------
1.労働基準法に関する書類の保存期間
2.労働安全衛生法に関する書類の保存期間
3.労働保険・社会保険に関する書類の保存期間
--------------------------------------------------------------------------

保存期間のみでなく、書類毎に保存期間を計算する際の起算日も異なります。
留意して保管、整理を行いましょう。

総数428件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143