PMネットワーク情報発信 法改正 労働保険

PMネットワーク情報発信

総数431件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144

雇用保険等の一部を改正する法律が平成28年3月29日に成立しましたので、
その概要をお伝えします。

------------------------------------------------------------------------------
T 失業等給付に係る保険料率の見直し(徴収法関係)
 
雇用保険の財政状況等を勘案し、失業等給付に係る雇用保険料率を引き下げる。
〔現行1.0%→0.8%〕


U 育児休業・介護休業等に係る制度の見直し(育児・介護休業法、雇用保険法関係)
 
1.多様な家族形態・雇用形態に対応するため、下記の緩和等を行う。
   
@育児休業の対象となる子の範囲の拡大(特別養子縁組の監護期間にある子等)

A育児休業の申出ができる有期契約労働者の要件(1歳までの継続雇用要件等)


2.介護離職の防止に向け、下記の変更等を行う。
   
@介護休業の分割取得(3回まで、計93日)

A所定外労働の免除制度の創設

B介護休暇の半日単位取得

C介護休業給付の給付率の引上げ〔賃金の40%→67%〕


V 高年齢者の希望に応じた多様な就業機会の確保及び就労環境の整備
  (雇用保険法、徴収法、高齢法関係)

1.65歳以降に新たに雇用される者を雇用保険の適用の対象とする。
  (ただし、保険料徴収は平成31年度分まで免除)

2.シルバー人材センターにおける業務について、
  都道府県知事が市町村ごとに指定する業種等においては、
  派遣・職業紹介に限り、週40時間までの就業を可能とする。


W その他(男女雇用機会均等法、育児・介護休業法等、雇用保険法)

1.妊娠した労働者等の就業環境の整備
   
妊娠、出産、育児休業・介護休業等の取得等を理由とする上司・同僚等による
就業環境を害する行為を防止するため、事業主に雇用管理上必要な措置を義務づける。

2.雇用保険の就職促進給付の拡充

@失業等給付の受給者が早期に再就職した場合に支給される再就職手当の給付率を引き上げる。
[支給日数:1/3以上を残した場合残日数の50%→60%、2/3以上を残した場合残日数の60%→70%]

A「求職活動支援費」として、求職活動に伴う費用を新たに給付の対象とする。
 (例:就職面接のための子の一時預かり費用)

※施行期日:平成28年4月1日
・U2.Cについては同年8月1日
・U2.@ABについては平成29年1月1日
・V1.については平成29年1月1日
・Wについては平成29年1月1日
------------------------------------------------------------------------------

上記以外にも
「改正労働基準法案」をはじめ厚生労働省が国会に提出している法律案はまだまだあります。

現状では審議中となっていますが、成立した状況を見据え、
早めに対策を練っておくことが望ましいと言えます。


詳細はこちらをご確認下さい。

ストレスチェックの実施に向けた準備を進めているという担当者の方が多いのではないかと思いますが、
先日、厚生労働省は「ストレスチェック制度導入ガイド」の提供を開始しました。

------------------------------------------------------------------------------
昨年12月の労働安全衛生法改正で導入されたストレスチェックですが、
多くの企業で話を聞いていると5月〜8月頃に実施するケースが多いようです。


全20ページの冊子となっていますが、
以下の手順に基づき、実施すべき事項の詳細が分かりやすく明示されています。


@導入前の準備

A調査票の配布、記入

Bストレス状況の評価・医師の面接指導の要否の判定

C本人に結果を通知

D本人からの面接指導の申出

E医師による面接指導の実施

F就業上の措置の実施

G集団ごとの集計・分析

H労働基準監督署への報告
------------------------------------------------------------------------------ 

実施時の注意点や各種様式も記載されており、参考になる資料となっています。
お困りの方はダウンロードの上、ご活用ください。

内容をチェックされる場合は、こちらをご確認ください。

いよいよ新年度が始まりました。
社会保障関連制度につきましては、4月1日からいくつかの制度変更が実施されます。

------------------------------------------------------------------------------
平成28年4月1日から実施される主な制度変更

◇ 雇用保険料

・・・労働者負担・事業主負担ともに引き下げ

● 一般の事業

労働者負担 5/1,000→4/1,000

事業主負担 8.5/1,000→7/1,000


● 農林水産・清酒製造業

労働者負担 6/1,000→5/1,000

事業主負担 9.5/1,000→8/1,000


● 建設の事業

労働者負担 6/1,000→5/1,000

事業主負担 10.5/1,000→9/1,000


◇ 健康保険料

標準報酬月額上限を121万円→139万円へ引き上げ


◇ 国民健康保険料

賦課限度額を85万円→89万円へ引き上げ


◇ 国民年金保険料
670円UP(月額16,260円へ)


◇ 国民年金額

据え置き(スライドは行われず。端数処理の変更により月額数円の増減あり)


◇ 診療報酬等の医療制度

紹介状なしに大病院を受診する場合、追加負担
(初診 5,000円(歯科 3,000円)以上)


◇ 入院時の食事代

1食260円→360円へ
------------------------------------------------------------------------------

生活に身近な、塩やアイスキャンデーの値上げなども話題ですが、
社会保障関連制度も毎年少しずつ変わっていきます。

特に保険料率については対応漏れの無いよう、ご確認をお願い致します。


詳細についてはこちらをご覧ください。

▼厚生労働省関係の主な制度変更(厚生労働省)


▼雇用保険料について(厚生労働省)

総数431件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144