PMネットワーク情報発信 法改正 労働保険

PMネットワーク情報発信

総数428件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143

平成28年3月に大学や専門学校等を卒業される学生の
今年2月1日現在における就職内定状況が公表されました。

▼全文はこちらから
------------------------------------------------------------------------------------
■ 大学生

就職希望率:76.9%(前年比+0.4%)
※就職希望者数は、約43万1千人

就職内定率:87.8%(前年対比+1.1%)
男子:86.5%(前年比+1.1%)
女子:89.3%(前年比+1.2%)
文系:87.3%(前年比+1.1%)
理系:90.2%(前年比+1.5%)


■ 専修学校生

就職希望率:91.3%(前年比▲1.6%)
※就職希望者数は、約21万4千人

就職内定率:84.5%(前年比+7.4%)
男子:83.6%(前年比+6.9%)
女子:85.5%(前年比+8.0%)
------------------------------------------------------------------------------------

就職内定率は8年ぶりの高水準となっており、
リーマンショック前とほぼ同等にまで回復しています。

特に女子の伸び率が目立っており、ここ3年程は女子の就職内定率が男子を上回っており、
今年もその傾向が続いています。

文理別では、この20年間は全ての年で理系の学生の内定率が文系のそれを上回っていて、
バブル崩壊後やリーマンショック後の就職氷河期にその傾向が顕著に見られました。

大学生の地域別就職内定状況では、最も高い関東地区の91.8%に対し、
最も低い中国・四国地区で80.1%と約12%近い差が見られました。

高校生は、大学生とは公表されている情報内容がやや異なりますが、
東京都の求人倍率は6.04倍と、全国平均(2.0倍)を大きく上回っています。

また厚生労働省による情報公開が別々であるため下記リンクには表示されませんが、
高校生の就職内定率も好調で、23年ぶりの高水準となっています。


詳しくはこちらをご覧下さい。

65歳以上の高年齢者の雇入れを、より一層促進するという目的から、
平成28年4月1日以降に雇入れした対象者について、
「特定求職者雇用開発助成金(高年齢者雇用開発特別奨励金)」の助成額が
引き上げられる予定です。

----------------------------------------------------------------------------
◇ 引き上げされる主な内容については次の通りです。(カッコ内金額は中小企業以外の額)


@ 短時間労働者以外(週所定労働時間30時間以上)

【現行】60(50)万円  → 【平成28年4月1日雇入れ以降】70(60)万円


A 短時間労働者(週所定労働時間20時間以上30時間未満)

【現行】40(30)万円  → 【平成28年4月1日雇入れ以降】50(40)万円
 

※なお、同じ特定求職者雇用開発助成金のうち
 特定就職困難者雇用開発助成金と被災者雇用開発助成金については、
 助成額の変更はありません。
----------------------------------------------------------------------------

本奨励金を受給するためには

・ハローワークまたは民間の職業紹介事業者等の紹介により雇い入れること

・週所定労働時間が20時間以上かつ1年以上雇用することが確実であると認められる

等の要件を満たす必要があります。


詳しくはこちらをご確認ください。

厚生労働大臣は、労働政策審議会に対して、
「労働安全衛生規則の一部を改正する省令案要綱」について諮問を行い、
同審議会安全衛生文科会で審議が行われ、同審議会から妥当であるとの答申がありました。

------------------------------------------------------------------------------
◇ 法人の代表者などが、自らの事業場の産業医を兼任することの禁止

事業主は、産業医を選任するにあたって、
法人の代表者若しくは事業を営む個人(事業場の運営について利害関係を有しない者を除く。)
又は事業場においてその事業の実施を総括管理する者を選任してはならないこととする。


◇ 公布日

平成28年3月公布


◇ 施行日

平成29年4月1日施行予定
------------------------------------------------------------------------------

現時点では、答申を踏まえ速やかに改正作業を進める段階であり
施行日は平成29年4月1日予定でありますが、
改正となった場合に新たに産業医を選任する必要があるという事業所は、
事前に準備を進めておくとよいでしょう。


詳細はこちらをご確認下さい。

総数428件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143