PMネットワーク情報発信 法改正 労働保険

PMネットワーク情報発信

総数431件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144

去る2月22日、平成22年の賃金構造基本統計結果が公表されました。
この統計は、平成22年6月分の賃金等について7月に行われた調査結果です。

--------------------------------------------------------------------------

◇賃金の推移◇    

男女計 296.2千円(前年比 +0.6%)
           
男性  328.3千円(前年比 +0.5%)
           
女性  227.6千円(前年比 −0.2%)

◇企業別賃金・男性◇ 

大企業 382.9千円(前年比 +1.3%)
           
中企業 316.7千円(前年比 +0.2%)
           
小企業 285.3千円(前年比 −0.5%)

◇企業別賃金・女性◇ 

大企業 254.6千円(前年比 +1.2%)
           
中企業 227.3千円(前年比 −1.0%)
           
小企業 206.8千円(前年比 −0.5%)

◇雇用形態別◇    

正社員   311.5千円(前年比 +0.4%)
           
正社員以外 198.1千円(前年比 +1.8%)


4年連続で下降していた男女計の賃金額も、今回の調査でようやく0.6%アップとなり、
久しぶりに明るい兆しが見えた結果となりました。
しかしながら従業員100人未満の小企業については男女共に賃金が下降しており、
依然として厳しい状態であることが明らかとなりました。

視点を変えて雇用形態別に見てみますと、正社員以外の賃金額の上昇率が目立ちます。
企業としては、比較的賃金の安い非正規雇用者を出来るだけ活用していこうという
姿勢が窺い知ることができます。

--------------------------------------------------------------------------

日本全体の景気が回復するまで、まだまだ時間がかかるかもしれませんが、
今回の統計でわずかではありますが、大企業を中心に良い傾向も見られました。
中小企業についてはこれから、といったところです。
賃金だけではなく、その他の何かで従業員たちの働く意欲を高める工夫が必要になるでしょう。


詳しい統計結果はこちらをご覧下さい。

総務省より、「労働力調査」(平成23年1月分)の速報結果が公示されました。


-----------------------------------------------------------------------------
【概要】

○就業者

 ・就業者数は6,204万人(前年同月に比べ9万人の減少、2ヶ月ぶりの減少)

 ・雇用者数は5,464万人(前年同月に比べ17万人の増加)

 ・主な産業別就業者を前年同月と比べると「製造業」「建設業」などが減少、
  「宿泊業、飲食サービス業」などが増加

○就業率

 ・就業率は56.1%(前年同月に比べ0.1ポイントの低下)

 ・15〜64歳の就業率は69.8%(前年同月に比べ0.2ポイントの上昇)

○完全失業者

 ・完全失業者数は309万人(前年同月に比べ14万人の減少、8ヶ月連続の減少)

 ・求職理由別に前年同月と比べると「勤め先都合」が20万人の減少、
  「自己都合」は6万人の増加

○完全失業率

 ・完全失業率(季節調整値)は4.9%(前月と同率)

○非労働力人口

 ・非労働力人口は4,530万人(前年同月に比べ23万人の増加)

-----------------------------------------------------------------------------


完全失業率は4.9%で、前月と同率の横這い状態です。完全失業者数は309万人で
前年同月に比べ14万人の減少、8ヶ月連続の減少となりました。

求職理由別に前年同月と比べると「勤め先都合」が20万人の減少、「自己都合」は
6万人増加しました。一見、会社都合での退職が減少したことは若干の落ち着きを
見せるかのようではありますが、それと相まって自己都合の増加が目立ちます。

会社側から解雇者を出すという苦悩は緩和されてきたといえど、苦しい経営状況は
未だ変わらず、それに伴う賃金や労働状況を理由とした離職という要因が見え隠れしています。
もうすぐ4月、新年度の到来とともにこの数値が少しでも好転していくことを願ってやみません。
 

詳しくはこちらをご覧下さい。

この助成金は現行制度では4つのメニューがありますが、昨年実施された事業仕分け結果などを踏まえ、
平成23年4月1日から助成内容が変更(国会での審議を経た後に正式決定)になります。

------------------------------------------------------------------------------------
【キャリア形成促進助成金の変更内容】

(現 行)             (平成23年度改正案)

○訓練等支援給付金              → 見直し

○職業能力評価推進給付金         → 廃止

○地域雇用開発能力開発助成金      → 廃止

○中小企業雇用創出等能力開発助成金 → 継続

・「訓練等支援給付金」の見直し内容
「訓練等支援給付金」の助成項目のうち、「ジョブ・カード制度による雇用型訓練」に対する助成を廃止し、
一般の職業訓練に対する助成に整理、統合します。

具体的には、一般の職業訓練に対する助成では、
助成対象となる訓練をこれまでOFF−JT(仕事を離れて行う訓練)に限ってきましたが、
大臣認定等を受けた訓練(※)に関しては、OJT(実際の仕事を通じた訓練)でも
1時間当たり600円を助成します。

(※)現行の対象認定実習併用職業訓練、対象有期実習型訓練も含まれます。

------------------------------------------------------------------------------------

「キャリア形成助成金」とは従業員に対して企業の職業能力開発計画に基づいて
実施される知識・技術を習得する訓練への助成金です。

ここで注意しなければいけないのは「計画ありきの助成金」ということです。
既に訓練を実施していも、計画がなければ助成金はおりません。
また今回の助成内容の変更によって、計画の変更・再検討をする必要が出てくるかもしれません。

弊社でも対応しておりますので是非ご相談下さい。

詳細についてはこちらをご覧下さい。

総数431件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144