PMネットワーク情報発信 法改正 労働保険

PMネットワーク情報発信

総数431件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144

基本手当日額が平成18年以来5年ぶりに上昇します。
雇用保険の基本手当は、失業中の生活を心配せずに再就職活動できるよう支給するものです。
「基本手当日額」は離職前の賃金を基に算出した1日当たりの支給額をいい、
給付日数は離職理由や年齢などに応じて決められています。

今回の引上げは、基本手当の算定基礎となる「賃金日額」の下限額の引上げなどを内容とする
「改正雇用保険法」が8月1日に施行されること、
また平成22年度の平均給与額(「毎月勤労統計調査」による毎月決まって支給する給与の平均額)が
平成21年度と比べて約0.3%上昇したことに伴うものです。

-------------------------------------------------------------------------
◇具体的な変更内容◇
 
1.基本手当日額の最低額の引上げ

   1,600円 → 1,864円 (+264円)

2.基本手当日額の最高額の引上げ

  基本手当日額の最高額は、年齢毎に以下のようになります。

  〇60歳以上65歳未満
   
   6,543円 → 6,777円 (+234円)

  〇45歳以上60歳未満
  
   7,505円 → 7,890円 (+385円)

  〇30歳以上45歳未満
   
   6,825円 → 7,170円 (+345円)

  〇30歳未満

   6,145円 → 6,455円 (+310円)
-------------------------------------------------------------------------

この基本手当日額の変更は、「1人1日当たり雇用保険基本手当日額の最高額が限度」とされている
雇用調整助成金等の助成額にも影響してきます。
退職者の方だけでなく、事業主の方にとっても影響のある改正ですので、
このような助成金申請を行っている事業主様は特にご注意下さい。


詳細についてはこちらをご覧下さい。

一定の電力使用制限によって事業が縮小した事業所に対し、
雇用調整助成金と中小企業緊急雇用安定助成金が利用できる旨が厚生労働省から発表されました。

----------------------------------------------------------------------------

◇対象となる事業所
 
以下のような経済上の理由によって事業活動の縮小を余儀なくされた事業所は、
雇用調整助成金及び中小企業緊急雇用安定助成金を利用できます。

 1.電力使用制限や使用電力抑制により事業活動が縮小する場合で、
   さらにそれ以外に経済上の理由(例:風評被害により観光客が減少した等)
   による事業活動の縮小がある場合。
   (「それ以外の理由」の説明が必要となります。)

 2.取引先が電力使用制限や使用電力抑制を受けたことにより売上が減少した場合など、
   電力使用制限などの影響が間接的な場合。


 ≪注意≫ただし、以下の場合は『経済上の理由』に当たりませんのでご注意ください。
 ・大口需要家(契約電力500kw以上)が電力使用制限により事業活動を縮小した場合
 ・小口需要家(契約電力500kw未満)が使用電力抑制に取り組むことにより事業活動が縮小した場合

----------------------------------------------------------------------------

今や電力使用制限の影響は関東のみにとどまりせん。
取引先の影響を受けて大きく売上が減少し、
休業の措置を取らざるをえないという事業所の方々もたくさんいらっしゃることでしょう。

この助成金がそんな事業所を少しでも救済し、この厳しい夏を1社でも多くが乗り切っていけるよう、
貴社が該当すると思われる際には、ぜひ積極的に申請をご検討下さい。


詳細についてはこちらをご覧下さい。

厚生労働省より職場における熱中症による死亡災害の発生状況(平成22年)が公表されました。

昨年は猛暑の影響もあり、職場での熱中症による死亡者は47人(平成21年は8人)と、
統計を開始した平成9年以降で最も多い人数となっています。

詳細ついては以下のとおりです。

----------------------------------------------------------------------------

◇ 死亡者数の推移 ◇

過去10年間の熱中症による死亡者数は210人であり、
おおむね20人前後で推移してきた死亡者数から見て平成22年の死亡者数は2倍以上。


◇ 業種別発生状況 ◇

過去3年間の業種別発生状況は、建設業が全体の約4割、次いで製造業が全体の約2割。
(建設業31人、製造業15人、農業6人、運送業3人、警備業3人、林業1人、その他13人)


◇ 月・時間帯別発生状況 ◇

過去3年間の月別発生状況は、7月および8月に全体の約9割が発生。
過去3年間の時間帯別発生状況は、午後1時台から午後5時台の間に約8割が発生。
特に午後3時台から午後4時台に多発し、全体の約4割が発生。


◇ 作業開始からの日数別発生状況 ◇

過去3年間の作業開始からの日数別発生状況は、全体の約7割が作業開始から7日以内に発生。

---------------------------------------------------------------------------

人口動態統計月報によりますと、平成22年7月〜9月における熱中症による死亡者数は
1,648人(職場以外、労働者以外も含みます)となっています。

東日本大震災による電力需給対策に基づき職場での節電が求められておりますが、
事業所として職場の暑熱の状況を把握し、作業環境や作業そのもの、健康管理の把握・改善を
行っていただきたいと思います。


詳細についてはこちらをご覧下さい。

総数431件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144