● 障害者雇用 雇用人数・実雇用率ともに過去最高を更新 ●

平成30年を迎え、いよいよ今年4月より障害者の法定雇用率が2.2%(民間企業の場合)
に引上げとなります。これに伴い「平成29年 障害者雇用状況の集計結果」を確認して
おきましょう。

【内容の一部】
--------------------------------------------------------------------------
1.障害種別の雇用状況
 身体障害者 333,454.0人(対前年比1.8%増)
 知的障害者 112,293.5人(同7.2%増)
 精神障害者 50,047.5人(同19.1%増)

2.法定雇用率達成企業の割合
 法定雇用率を達成している企業の割合をみてみると、50.0%と前年の48.8%から
 1.2%上昇しています。

3.法定雇用率未達成企業の状況
 【障害者を1人も雇用していない企業(0人雇用企業)の割合】
   50人以上100人未満  96.0%
   100人以上300人未満  34.8%
   300人以上500人未満  1.4%
   500人以上1,000人未満 0.4%
   1,000人以上       0.0%
--------------------------------------------------------------------------

4月より法定雇用率が2.2%へ引上げとなりますが、さらに3年以内には2.3%となる
ことが決まっています。そのため、長期の視点で、これまで以上に障害者雇用に
対する積極的な取組みが求められています。

詳細はこちらをご覧ください。