● 法定休暇の前倒し付与等の検討を求める労働関係法の指針の改正 ●

平成29年6月9日に「規制改革実施計画」が閣議決定され、この計画の中に
「法定休暇付与の早期化」が盛り込まれました。これを受けて、前回の配信でも
触れました通り、労働時間等設定改善指針および育児・介護休業法の指針(※)が
改正され、平成29年10月1日より適用されています。

【内容の一部】
--------------------------------------------------------------------------
1.労働者が子どもの学校休業日や地域のイベント等に合わせて年次有給休暇を
 取得できるよう配慮すること
2.雇入れ後、初回の年休付与までの継続勤務期間の短縮、年休の最大付与日数に
 達するまでの継続勤務期間の短縮等について、事業場の実情を踏まえ検討すること
--------------------------------------------------------------------------

厚生労働省「労働時間等見直しガイドライン(労働時間等設定改善指針)」
こちら

首相官邸「大人と子供が向き合い休み方改革を進めるための「キッズウィーク」総合推進会議」
こちら