平成28年4月〜平成29年3月、労働基準監督署は長時間労働が疑われる事業場に対し、監督指導を実施。厚生労働省より実施結果が公表されました。

【内容の一部】
--------------------------------------------------------------------------
1.監督指導の対象拡大
 監督指導の対象は、平成28年度より月80時間を超える残業が疑われる事業場に拡大

2.法違反の状況
 違法な時間外労働があった割合は43.0%、賃金不払残業があった割合は6.2%、
 過重労働による健康障害防止措置が未実施の割合は9.8%
--------------------------------------------------------------------------


過重労働対策の重要性は高まっており、労働基準監督署における監督指導も積極的に行われています。今回の監督指導の結果をふまえ、36協定の届出の点検、限度時間や実態の確認などについては、今後ますます重要になるといえます。


詳細はこちらをご覧ください。