全国健康保険協会(協会けんぽ)では、健康保険の被扶養者について
毎年被扶養者の要件に該当しているかの確認を行っています。

平成25年度も、5月末よりこの健康保険被扶養者資格の再確認が実施中です。
なお、対象者のない事業所には被扶養者状況リストは発送されません。

------------------------------------------------------------------
<対象者>

協会管掌健康保険の被扶養者

※平成25年4月1日において18歳未満の被扶養者、
 平成25年4月1日以降に被扶養者認定を受けた被扶養者を除く


<手順>

・該当被扶養者が現在も健康保険の被扶養者の条件を満たしているかを確認し、
 被扶養者状況リストに必要事項を記入・事業主印を押印する。

・確認の結果、扶養要件をはずれる者があるときは、
 同封されている被扶養者調書兼異動届に記入し、該当被扶養者の被保険者証を添付する。
 (70歳以上の方は高齢受給者証も併せて返却します)

・提出の際、被扶養者状況リストの「副」については事業所控となるので提出せず保管する。


<提出期限>

平成25年7月末
------------------------------------------------------------------

昨年の実施結果によると、被扶養者の就職による健康保険の二重加入や
収入超過などの扶養削除の届出漏れが多いようです。

扶養要件をはずれた後も保険証を利用していた場合、
医療費が10割請求されることもありますので
被扶養者状況の変更がある場合には申し出るよう日頃より案内をしておきましょう。


詳細はこちらをご覧下さい。