先日、厚生労働省から長時間労働が疑われる事業所への監督指導結果が
公表されました。法違反の状況や健康障害防止の指導状況について取り上げます。


【内容の一部】
--------------------------------------------------------------------------
1.法違反の状況
  2019年4月から2020年3月までの監督指導の実施結果
  違法な時間外労働があったもの 15,593事業場(全体の47.3%)
  賃金不払残業があったもの 2,559事業場(全体の7.8%)
  過重労働による健康障害防止措置が未実施のもの 6,419事業場(全体の19.5%)

2.健康障害防止に関する指導状況
  健康障害防止措置が不十分なため、指導を行ったもの 15,338事業場(全体の46.5%)

  ※全体…労働基準監督署による監督指導が実施された32,981事業場


■参考リンク
厚生労働省「長時間労働が疑われる事業場に対する監督指導結果を公表します」
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_13350.html
厚生労働省「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/roudouzikan/070614-2.html