2019年度も最低賃金が大幅な引上げが行われることが確実となりました。
最低賃金を確認する際の注意点について歩合給における考え方も含め、とり上げました。


【内容の一部】
--------------------------------------------------------------------------
1.最低賃金の対象となる賃金
 最低賃金の対象となる賃金は、「毎月支払われる基本的な賃金」とされており、
 すべての手当を含めることはできません。

2. 歩合給の場合
 完全歩合給の場合、歩合給によって計算された賃金の総額を月の総労働時間数で
 除した金額が、最低賃金を下回っていないかどうかを確認します。
--------------------------------------------------------------------------

※参考
厚生労働省「最低賃金制度の概要」
https://www.mhlw.go.jp/www2/topics/seido/kijunkyoku/minimum/minimum-09.htm

厚生労働省「すべての都道府県で地域別最低賃金の改定額が答申されました」
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_06141.html