● 増加を続け、深刻さが増す「いじめ・嫌がらせ」の相談件数  ●

 2019年6月に「平成30年度個別労働紛争解決制度の施行状況」について公表されました。個別労働紛争解決制度とは、個々の労働者と事業主との間の労働関係に関する紛争について実情に即した迅速かつ適正な解決を図るための制度である。

【内容の一部】
--------------------------------------------------------------------------
1.総合労働相談件は11年連続100万件超え。
総合労働相談件数は1,117,983件と11年連続で100万件を超えている。
相談、助言・指導の申し出、あっせんいずれの件数も前年比増
特に大きく増加しているのは、民事上の個別労働紛争は266,535件。(前年度比5.3%増加)

2. 「いじめ・嫌がらせ」が増加の一途。
上記のそれぞれの件数の中でも、「いじめ・嫌がらせ」が過去最高
過去10年間において雇止めや解雇といった内容は、減少傾向にあるがいじめや嫌がらせは年々増加傾向にあります。  

--------------------------------------------------------------------------

■参考リンク
「平成30年度個別労働紛争解決制度の施行状況」
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000213219_00001.html