2021年3月からはマイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになり、
マイナンバーカードの活用の場が広がります。実際にマイナンバーカードを
健康保険証として利用する場合のメリットと手続きを確認しておきましょう。

【内容の一部】

1.健康保険証利用のメリット
  医療機関等では、顔認証で本人確認と保険資格の確認が実施され、スムースな
  受付になると予想されます。また、支払い後の高額療養費の請求や、
  受診前の限度額適用認定証の発行の手続きを行わずとも、医療機関等の
  窓口での限度額を超える支払いをする必要がなくなります。

2.健康保険証として利用するための手続き
  マイナンバーカードの交付を受けた後に、利用者本人がマイナポータルで
  申し込む必要があります。マイナンバーカードを健康保険証として利用する
  にあたり、会社が手続きすべきことはありません。


■参考リンク(厚生労働省)
マイナンバーカードの保険証利用についてお知らせします(被保険者向け)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_08277.html