健康増進を目的に、条例で自転車利用中の対人事故の賠償に備えるための保険への加入を義務付ける動きが全国に広がっています。
加入義務付けの動きと自転車の通勤利用の取扱いについて見ていきましょう。

【内容の一部】
--------------------------------------------------------------------------
1.自転車事故の高額損害賠償請求
  高額の損害賠償が求められる理由は、道路交通法第2条において、
  自転車が「軽車両」として定義されているためです。

2.自転車損害賠償保険等への加入義務付けの動き
  2019年12月31日時点で義務化されているのは13の都府県と7つの政令市です。
  条例で努力義務として定めているところもあります。