労務相談事例集Q&A 労働保険 社会保険

労務相談事例集Q&A

質問一覧

総数217件 1 2 3 4 5 6 7 8

該当する情報が見つかりませんでした

総数217件 1 2 3 4 5 6 7 8

回答一覧

総数217件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73

ご質問の件ですが、当該の一人親方さんは元請けである御社からの労災保険給付を受けることはできません。
まず、建設業などで数次の請負によって事業(工事)が行われている場合には、元請けが一括して労災保険に加入します。
これは、労働基準法第87条で、建設事業の「事業が数次の請負によって行われる場合においては、災害補償については、その元請負人を使用者とみなす」とされているためです。

そして、労災保険は、業務上における労働者の負傷、疾病、傷害または死亡に対して保険給付を行う制度です。あくまでも労働者に対する保険給付ですので、一人親方のように下請負人が事業主である場合には労災保険の対象とはなりません。

しかし、労災保険では、事業主等労働者以外の者であっても、その業務の実状、災害の発生状況などからみて、特に労働者のように保護することが適当であると認められる一定の方に対して特別に任意加入することを認めています。これが特別加入制度です。

ご質問の一人親方さんは、特別加入をされていないとのことですので、労災保険法に基づく給付を受けることができません。また、一人親方は労災保険上、事業主ですので、元請会社である御社からの労災保険の給付を受けることもできません。

今後、一人親方さん本人を守るためにも、また補償を巡るトラブルを防ぐためにも、一人親方さんを下請けに使用される場合には、特別加入していることを確認された方がよいでしょう。

その特別加入に関して、私どもPMネットワークは厚生労働省の認可を受けた一人親方加入監理団体ですので、私どもを通じて一人親方の特別加入に加入して頂けます。
また加入の手続きだけでなく労働保険料の申告納付から、事故が発生した場合の手続き代行まで対応させて頂いておりますので、お気軽にご相談下さい。

過去の業務歴に応じて健康診断が法律上義務づけられております。ただし、ある特定の業務に対してのみ義務づけられているもので、対象業務及び従事期間は下表の通りとなります。

業務の種類特別加入前に業務についた期間
粉じん作業を行う場合3年
振動工具使用の業務1年
鉛業務6ヶ月
有機溶剤業務6ヶ月


上表の期間は通算期間となりますので、断続的に業務に就かれていた方は、それぞれの期間を合算することになりますのでご注意下さい。

中小事業主等特別加入を申請する方で健康診断が必要な場合、初めに「特別加入時健康診断申出書(以下「申出書」)」を署長に提出します。
申出書の業務歴から判断して健康診断が必要であると認められる方に対して、労基署長から「特別加入健康診断指示書」及び「特別加入時健康診断実施依頼書」が交付され、指示書に記載された期間内に指示された診断実施機関で健康診断を受けなければいけません。
健康診断を受けた結果、その症状によって加入が制限され、加入自体が認められない場合もあります。

なお、特別加入が認められた後に、上表の業務を開始したということであれば、受診する義務はありません。

一般の労働者が義務づけられている特殊健康診断は、上記以外にも深夜業や重量物を取り扱っている場合など他にもありますので、一般の労働者と混同されないようにご注意ください。

事業主であっても、労災保険(中小企業事業主労災保険特別加入制度)に加入出来る可能性は十分にあります。
労災保険とは一般的に労働者のみに適用される制度です。
ただし、御社のように従業員と同様の仕事をしているのが中主事業主の普通の姿だと思います。よって御社が中小事業主(下記参照)と認められ、労働保険事務組合に事務委託している場合に限って事業主のみならず家族従事者や会社役員の方々も労災保険に加入する事ができるのが、中小事業主等の特別加入制度です。
国の管理する保険ですので、民間の保険よりも分厚い補償となっております。

《中小企業と認められる規模》
1年間に100日以上にわたり下記の通り労働者を使用している場合
業種 従業員数
金融業・保険業・不動産業・小売業 50人以下
卸売業・サービス業 100人以下
上記以外の業種 300人以下

御社が上記規模に該当される場合で、幣会が労働基準監督署の窓口へ特別加入申請書を提出することで、労災保険に加入することが出来ます。
その際、家族従事者等労働者以外で業務に従事している方全員を包括して特別加入させることが必要です。ただし、非常勤・高齢・傷病療養中等が理由で、ほとんど労災保険対象の業務に従事しない方については、特別加入対象者から除外することが出来ます。また、他にも会社を経営し、複数の事業の経営者となっている場合で上記の加入要件を、それぞれの会社で満たしているときは、特別加入をしたい事業の業種ごとに加入する必要があります。

私どもPMネットワークも労働保険事務組合です。労働保険料の申告から、
もしもの事故が発生した場合の申請代行まで一切お手間を掛けずに対応しております。
不明な点があればいつでもご相談ください。

総数217件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73