労務相談事例集Q&A 労働保険 社会保険

労務相談事例集Q&A

質問一覧

総数217件 1 2 3 4 5 6 7 8

該当する情報が見つかりませんでした

総数217件 1 2 3 4 5 6 7 8

回答一覧

総数217件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73

A. 原則として福利厚生的な見舞金は傷病手当金の調整の対象にはなりません。

健康保険法108条には「疾病にかかり、負傷し、または出産した場合において報酬の全部または一部を受けとることができる者に対しては、これを受けることができる期間は、傷病手当金、出産手当金を支給しない。ただし、その受けとることができる報酬の額が、傷病手当金、出産手当金の額より少ないときはその差額を支給する。」と定められています。

ここでいう報酬とは毎月の生活費を保障する目的として支給されるものをいいます。
したがって福利厚生制度として私傷病休職者に対して1回に限り支給するような場合には恩恵的な意味合いが強く、報酬とはみなされず傷病手当金との調整はされないと考えられます。
ただし、休職期間中に定期的に継続して支給されるような場合や、就業規則等に給与と傷病手当金の差額を保障する意味合いの定めがある場合には生活費を保障する目的と判断され、傷病手当金が調整されることになります。

ご質問の見舞金がどういった意味合いで支給されるものなのか判断できませんので、御社の規定をあらためて確認する必要があります。
これは見舞金等の名称で判断されるものではなく、支給する目的や意味合いで判断されることになりますのでご注意ください。

このような申し出があった場合には、御社にて返金の対応をする必要があります。
一般的に社会保険料は資格取得月から喪失月の前月分までが徴収されます。したがって通常の退職者であれば喪失月の社会保険料は発生しませんが、ご質問のように入社したその月に退職する場合(同月得喪)には1ヶ月分の保険料が発生します。そして、その月中に別の会社に就職するとそこからまた社会保険料が控除されますので制度上2重に引かれてしまうことは避けられません。そこで、同一月内に資格取得、喪失、再取得となった場合には前職の会社が年金事務所へその旨を申出ることにより、会社負担分、被保険者負担分両方の厚生年金保険料を調整または返金されることになります。その後、会社を通して本人へ返金するという流れになります。
具体的な手続きとしては、事業所整理記号と該当者の被保険者番号、氏名、基礎年金番号等とその経緯を綴った申立書を作成して年金事務所へ提出することで済みますが、年金事務所によっては申立書のフォーマットを送ってくれることもありますので、念のため管轄の年金事務所に確認を入れることをお勧めします。

稀なパターンですが実際に起こるケースであり、発生した場合には忘れずに手続をすることにより、不必要な保険料を払わなくても済むので経費節約にも有効な手段になります。

注)返金されるのは「厚生年金保険料と児童手当拠出金」のみであり、「健康保険料」は返金の対象にはなりませんのでご注意ください。

ご質問の件ですが、この場合、遡って資格取得の手続きを行うことができます。

まず、雇用保険資格取得について、雇い入れた従業員が雇用保険の被保険者となる場合には、被保険者となった日の属する月の翌月10日までに「雇用保険被保険者資格取得届」を事業所管轄の公共職業安定所に提出し、その者が被保険者となったことについての確認を受けなければならないことになっています。

一方、今回のケースのようにこの手続きが何らかの理由で漏れていた場合でも、資格取得届は受理され、過去に遡って確認を行うことになります。
しかし、雇用保険法第14条では被保険者となった日が、被保険者であったことの確認が行われた日から2年より前であった場合には、原則としてその確認が行われた日の2年前の日とみなすこととしています。(*平成22年度雇用保険制度の改正前)

例えば、平成17年4月1日に雇い入れた者について、資格取得届の提出が漏れていたことが判明し、被保険者であったことの確認が平成22年4月1日に行われた場合には、その2年前の日、すなわち平成20年4月1日に被保険者となったものとみなされます。
従って、資格取得届の提出が、雇入れ後相当期間経過してから行われた場合は、被保険者であったはずの期間が確認できず、本人の失業給付の支給内容等に影響が出る場合がありますので、手続き漏れがないよう十分にご注意下さい。

また、公共職業安定所では、事業主の請求に基づき、「事業所別被保険者台帳(写)」を交付しています。この台帳には現在の被保険者の雇用保険被保険者番号、生年月日、資格取得年月日等が記載されていますので、一度、この台帳で他の従業員の方にも資格取得漏れがないかをお調べされることをお勧めします。

*平成22年度雇用保険制度の改正
公布日(平成22年3月31日)から9ヶ月以内の政令で定める日以後、事業主から雇用保険料を天引きされていたことが給与明細等の書類により確認された方については、2年を超えて雇用保険の遡及適用が可能となります。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/koyouhoken11/index.html

総数217件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73