PMネットワーク情報発信 法改正 労働保険

PMネットワーク情報発信

総数431件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144

毎月のハローワークにおける求人、求職、就職状況をまとめた
一般職業紹介状況(11月分)が発表されました。

------------------------------------------------------------------------------
《新規学卒者を除きパートタイムを含む》

○月間有効求職者数:195万6892人(前年同月:211万2498人)

○新規求職申込件数:38万8665件(前年同月:43万6425件)

○月間有効求人数:230万20人(前年同月:225万3928人)

○新規求人数:75万8366人(前年同月:79万3007人)

○就職件数:14万5379件(前年同月:16万3168件)

○有効求人倍率(季節調整値):1.12(前年同月:1.01)
------------------------------------------------------------------------------

平成25年11月以降、有効求人数が有効求職者数を上回る状況が続いています。

正社員に限定すれば、有効求人倍率は0.69(季節調整値)、前年同月0.60と、
いまだ低い水準での増加にとどまっているものの、
最近ではキャリアアップ助成金などにより非正社員から正社員への転換も増えているため、
非正社員の求人から正社員へ結びつくケースも考えられます。


詳細はこちらをご覧下さい。

毎月勤労統計調査の平成26年10月分結果確報が公表されました。

------------------------------------------------------------------------------
◇ 賃金

・現金給与総額の前年比は0.2%増。

・所定内給与の前年比は0.1%増。

・所定外給与の前年比は1.2%増。

・特別に支払われた給与の前年比は0.1%減。


◇ 労働時間

・総実労働時間の前年比は0.5%増。

・所定内労働時間の前年比は0.4%増。

・所定外労働時間の前年比は1.8%増。
------------------------------------------------------------------------------

賃金の内訳について、一般労働者の賃金は上がり、パートタイム労働者の賃金も上がっています。

雇用者数で見ると一般労働者は増加しパートタイム労働者も増加しています。

所定外・内ともに、一般労働者の労働時間が増え、パートタイム労働者の労働時間が減少しています。

前年と比べ賃金、労働時間ともに増加していることから、景気の改善具合が伺えます。


詳細はこちらをご確認下さい。

平成27年4月1日より労災保険料率等が改定されます。

労災保険率は厚生労働大臣が業種ごとに定めており、
それぞれの業種の過去3年間の災害発生状況などを考慮し、原則3年ごとに改定しています。

主な改定は、下記のようになっています。

---------------------------------------------------------------------------------
◇ 労災保険率等の改定

【労災保険率の改定】

・業種ごとの労災保険率を改定
 全54業種平均で0.1/1000引下げ(4.8/1000→4.7/1000)
 全業種中、引下げとなるのが23業種、引上げとなるのが8業種
  

【第2種、第3種特別加入保険料率の改定】

・一人親方などの特別加入に係る第2種特別加入保険料率を改定
 全18区分中、引下げとなるのが8区分、引上げとなるのが5区分

・海外派遣者の特別加入に係る第3種特別加入保険料率を4/1000から3/1000に引下げ
 

◇ 労務費率の改定

・請負による建設の事業に係る労務費率(請負金額に対する賃金総額の割合)を改定


◇ 請負金額の取扱いの改正及び労務費率の暫定措置の廃止

・請負金額には、消費税額を含まないものとする

・賃金総額の算定に当たり、請負金額に108分の105を乗じている暫定的な措置を廃止
---------------------------------------------------------------------------------

平成26年度の確定保険料は旧保険料率(平成27年3月31日まで)で算出し、
平成27年度概算保険料は新保険料率(平成27年4月1日以降)で算出します。

業種によっては、新年度の労働者数・賃金総額の見込に変動がなくても
概算保険料が変動することになりますのでご注意ください。


労災保険料率等の改定の詳細はこちらをご覧下さい。

総数431件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144