PMネットワーク情報発信 法改正 労働保険

PMネットワーク情報発信

総数428件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143

現在トラックドライバーの中長期的な人材不足が懸念され、
その人材確保・育成が差し迫った課題となっています。

そこで厚生労働省と国土交通省がこのほど、
トラックドライバーの人材確保・育成に向けた対応策を取りまとめ公表しました。

------------------------------------------------------------------------------
■ トラック運送業界の現状

(1)トラック運送事業者のほとんどが中小企業であり、荷主に比べ立場が弱く、手待ち時間の負担を押し付けられている。

(2)長時間労働が常態化している。

(3)適正な運賃収受がなされていない。

(4)給料が低い。


■ 公表された対応策

(1)「魅力ある職場づくり」

トラックドライバーの処遇を改善し、安心して働けるための環境整備

・取引環境・長時間労働・賃金等の労働条件の改善

・雇用管理の知識習得・実践の推進

・雇用管理に資する助成制度の活用促進

・現場の安全管理の徹底 


(2)「人材確保・育成」

トラック運送業界への入職を促すため、魅力の向上や人材育成などの直接的な取組を実施

・トラック運送業への入職促進

・女性の活躍促進

・関係団体等との連携による人材育成・定着支援の推進

・事業主等による人材育成の推進
------------------------------------------------------------------------------

運送業界に限らず、高齢化が進み若手人材確保に取り組みたいが
なかなか人材が定着しないというのは各界中小企業共通の悩みです。

厚生労働省はそうした悩みに対し、
人材確保・育成を支援する各種助成金の活用を呼びかけていますので
上手に利用したいものです。


詳細はこちらをご覧下さい。

平成26年は、死亡災害、死傷災害、重大災害ともに発生件数が前年を上回りました。

------------------------------------------------------------------------------
【事故の型別災害発生原因(多い順)】

○ 死亡災害

@ 高所からの墜落・転落
A 交通事故
B 機械等によるはさまれ・巻き込まれ


○ 死傷災害(4日以上休業又は死亡した災害)

@ つまづき等による転倒
A 高所からの墜落・転落
B 機械等によるはさまれ・巻き込まれ


○ 重大災害(一つの事故で3名以上負傷又は死亡した災害)

@ 交通事故
A 化学物質等による中毒薬傷
B 火災・高温物

※死傷災害が大枠で、その中に死亡災害や重大災害が含まれる形です。
------------------------------------------------------------------------------

平成27年1月〜3月の期間の速報では、前年同時期と比べて減少傾向にあります。

また、過去10年でみると、業種別では製造業の死亡災害、死傷災害の件数が減少傾向にある反面、
社会福祉施設、飲食店の死傷災害が増加傾向にあります。


詳細はこちらをご覧下さい。

平成27年10月1日より「労働契約申込みみなし制度」が施行されます。

------------------------------------------------------------------------------
【労働契約申込みみなし制度とは】

派遣先が違法派遣と知りながら派遣労働者を受け入れている場合、
違法状態が発生した時点において、
派遣先が派遣労働者に対して労働契約の申し込み(直接雇用の申し込み)をしたものとみなす制度です。


【違法派遣の例】

@派遣労働者を禁止業務に従事させること

A無許可又は無届出の者から労働者派遣の役務の提供を受けること

B期間制限に違反して労働者派遣の役務の提供を受けること

C労働者派遣法又は同法の規定により適用される労働基準法等の規定の適用を免れる目的で、
 請負その他労働者派遣以外の名目で契約を締結し、
 必要とされる事項を定めずに労働者派遣の役務の提供を受けること
 ※いわゆる偽装請負等
------------------------------------------------------------------------------

Cについては、
請負関係にある下請事業者の労働者に対して自社社員と同様に業務の指揮命令を行っている場合は、
請負という名目であっても派遣関係にある(偽装請負)とし、
当該労働者に直接労働契約の申込みをしたものとみなされる、
という点に注意が必要です。


詳細はこちらをご覧下さい。

総数428件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143