PMネットワーク情報発信 法改正 労働保険

PMネットワーク情報発信

総数428件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143

毎年10月に、各都道府県ごとの最低賃金額が変更になります。

先日、中央最低賃金審議会目安に関する小委員会より
今年度の最低賃金額の引き上げ幅の目安額が発表されました。

最低賃金は毎年上昇を続けていますが、今年度は平均で18円上昇という水準が示されました。

------------------------------------------------------------------------------
平成27年度地域別最低賃金額改定の引上げ額の目安

○ Aランク 現行+19円

千葉県、東京都、神奈川県、愛知県、大阪府


○ Bランク 現行+18円

茨城県、栃木県、埼玉県、富山県、長野県、静岡県、三重県、滋賀県、京都府、兵庫県、
広島県


○ Cランク 現行+16円
北海道、宮城県、群馬県、新潟県、石川県、福井県、山梨県、岐阜県、奈良県、和歌山県、
岡山県、山口県、香川県、福岡県


○ Dランク 現行+16円
青森県、岩手県、秋田県、山形県、福島県、鳥取県、島根県、徳島県、愛媛県、高知県
佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県


※都道府県の経済実態に応じてA〜Dの4ランクに分けて引上げ額の目安を提示しています。
※今回の発表は目安であり、最終的な決定額ではありません。
------------------------------------------------------------------------------

この発表どおり上昇することが決まれば、昨年度の平均上昇幅16円を上回り、
最低賃金が日額から時給に変わった平成14年以来最大の上げ幅となります。

景気の回復に加え、現政権が最低賃金の上昇に意欲的であることも背景の一つといえます。

地域別では、最も高い東京都で907円、最も低い鳥取県や沖縄県で693円となり、
その格差は214円と、昨年度の211円から更に3円広がります。

最低賃金の上昇は中小企業にとっては大きな影響がある事項であり、
引き続き動向を注視していく必要があります。


詳細はこちらをご覧ください。

平成27年10月1日以降、これまで調整対象外となっていた昭和12年4月以前生まれの方も
賃金と年金額に応じて老齢厚生年金の支給停止対象となります。

------------------------------------------------------------------------------
実務上としては、

@【70歳以上被用者該当届】の提出
 (該当日は平成27年10月1日とし、速やかに届出)

A【70歳以上被用者算定基礎届】の提出
 (毎年7月1日から7月10日の間に届出)

B【70歳以上被用者賞与支払届】の提出
 (賞与を支払った場合のみ、支給日より5日以内に届出)

C【70歳以上被用者不該当届】の提出
 (退職した際、5日以内に届出)

が必要となります。


なお、厚生年金保険の被保険者になったことがある人については、
年金の受給権の有無又は年金請求の有無に関係なく届出が必要です。
------------------------------------------------------------------------------

昭和12年4月1日以前にお生まれの方で、
1ヶ月あたりの年金額と報酬月額相当額の合計が47万円以上の場合、
平成27年10月分の年金額より在職老齢計算による年金額の調整(支給停止)となります。

今後の役員報酬額等の決定等でお困りの際はお気軽にご相談ください。


詳細はこちらをご覧ください。

雇用保険の基本手当(失業給付)の1日あたりの支給額が
平成27年8月1日より変更されます。

今回の変更は、平成26年度の平均給与額が
平成25年度と比べて約0.07%上昇したことに伴うものです。

------------------------------------------------------------------------------
【基本手当日額の最高額の引上げ】
  
・60歳以上65歳未満

6,709円⇒6,714円(+5円)


・45歳以上60歳未満

7,805円⇒7,810円(+5円)


・30歳以上45歳未満

7,100円⇒7,105円(+5円)


・30歳未満

6,390円⇒6,395円(+5円)
------------------------------------------------------------------------------

基本手当日額の最低額は年齢に関係なく、1,840円と変更ありません。

就業促進手当(再就職手当、就業手当、常用就職支度手当)の算定における
上限額についても変更になります。


詳細はこちらをご覧下さい。

総数428件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143