PMネットワーク情報発信 法改正 労働保険

PMネットワーク情報発信

総数428件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143

平成26年1月〜12月における労働争議についての
統計調査結果が発表されました。

------------------------------------------------------------------------------
【総争議件数】

495件(前年比2.4%減)

うち、争議行為を伴う争議:80件(前年比12.7%増)

うち、争議行為を伴わない争議:415件(前年比4.8%減)


【総参加人員】

121,621人(前年比5.3%減)

うち、争議行為を伴う争議の総参加人員:74,438人(前年比42.2%増)

※行為参加者人員は27,919人(前年比116.3%増)

うち、争議行為を伴わない争議の総参加人員:47,183(前年比37.9%減)


【半日以上の同盟罷業】

件数:27件(前年比12.9%増)

行為参加人員:14,989人(前年比790.6%増)

労働損失日数:19,932日(前年比183.3%増)


【半日未満の同盟罷業】

件数:61件(前年比24.5%増)

行為参加人員:13,202人(前年比16.2%増)


【労働争議の主要要求事項】※上位3項

1)賃金:257件(前年比12.7%増)

2)経営・雇用・人事:157件(前年比9.2%減)

3)組合保障及び労働協約:156件(前年比7.6%増)
------------------------------------------------------------------------------

総争議数は495件となり5年連続での減少となり、
統計開始以来初めて500件を切り過去最少となりました。

厚生労働省は「経済状況や労使関係の変化に伴い減少が続いている」と分析しています。
労働組合との紛争は減少傾向にありますが、個々の労働者との紛争は増加傾向にあります。

労使関係の変化に伴い労使間のトラブルとなる事項も変化していきます。
こういった変化に対応できるよう就業規則の見直しは重要です。


詳細はこちらをご覧下さい。

厚生労働省が発表する労働市場分析レポートにつきまして最新の概要をご紹介いたします。

------------------------------------------------------------------------------
◇ ハローワークが受理した求人による正社員の求人倍率や割合と、その産業別動向について

・平成26年度の有効求人倍率は1.11 倍で、このうち正社員の有効求人倍率は0.68倍となった。

・産業別に新規求人数をみると、「医療・福祉」、「卸売業・小売業」、
 「サービス業(他に分類されないもの)」、「製造業」、「宿泊業・飲食サービス業」、
 「建設業」、「運輸業,郵便業」の順に多い。

・特に、正社員求人の割合では
 製造業で平成25年度の42.9%から平成26年度の46.1%へ大きな上昇がみられた。

・正社員求人の割合をみると、建設業、運輸業,郵便業で5割を超えているが、
 特に建設業で高い水準にあり、正社員求人の割合の上昇も続いている

・一方、宿泊業,飲食サービス業、医療,福祉では、引き続き正社員求人の割合は低下している。

・平成21年度以降、求人倍率の上昇に伴い、
 就職率(就職件数÷新規求職者数×100)の上昇と
 充足率(就職件数÷新規求人数×100)の低下がみられる。

・雇用情勢が着実に改善する中で、正社員以外の求人を充足することは
 次第に難しくなってきていると考えられる。

------------------------------------------------------------------------------
平成26年度は、平成25年度に比べ新規求人倍率や有効求人倍率は増加しています。
また、正規社員の割合の増加からは近年の景気の回復からくる労働市場の活発化も伺えます。

ただし、その中でも宿泊や飲食などのサービス業では
まだまだ非正規社員が従業員の中の多くの割合を占めております。

国としても引き続きこれらの問題を解消すべく、助成金などの優遇政策を続けることが予想されます。

社内で非正規で勤務している従業員を正社員化させた場合は、
一人あたり最大で80万円を受給できる助成金もございますので、
ご興味をお持ちの方はご相談下さい。


詳細はこちらをご確認下さい。

今年も厚生年金の保険料率が引き上げられます。

平成27年9月分(10月末納付期限分)から平成28年8月分(9月末納付期限分)までの
保険料率は次のとおりです。

------------------------------------------------------------------------------
◇ 一般の被保険者

17.474% → 17.828% 


◇ 坑内員、船員の被保険者   

17.688% → 17.936%


◇ 厚生年金基金加入員の場合

厚生年金基金に加入している方の保険料率は、
上記の保険料率から基金ごとに定められている免除保険料率(2.4%〜5.0%)を
控除した率となります。


・一般の被保険者12.828% 〜 15.428%        

・船員の被保険者12.936% 〜 15.536%

免除保険料率および厚生年金基金の掛金については加入する厚生年金基金にお問い合わせください。
------------------------------------------------------------------------------

厚生年金保険料は、平成29年度まで段階的に引き上げられることが決まっています。

健康保険・介護保険の保険料率は変更ありません。

「児童手当拠出金」は呼び名が変わり、「子ども・子育て拠出金」となりました。
拠出金率には変更ありません。


詳細についてはこちらをご覧ください。

総数428件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143