PMネットワーク情報発信 法改正 労働保険

PMネットワーク情報発信

総数431件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144

円高やデフレ対応のための2010年度補正予算が成立したことは皆様もご存知のとおりです。

厚生労働省の補正予算の中で、皆様に特に注目していただきたい点は下記のとおりです。

○新卒者・若年者支援の強化(助成金制度の見直し等)

○雇用調整助成金の要件緩和(受給要件の緩和)


【新卒者・若年者支援の強化】

・3年以内既卒者採用拡大奨励金、3年以内既卒者トライアル雇用奨励金を積み増しし、
 平成23年度末まで延長。
 
 ※3年以内既卒者採用拡大奨励金:正規雇用から6ヶ月後に100万円。

 ※3年以内既卒者トライアル雇用奨励金:有期雇用(原則3ヶ月)期間中は1ヶ月10万円、
  正規雇用から3ヵ月後に50万円。

・既卒者育成支援奨励金を創設。

 ※既卒者育成支援奨励金:有期雇用(原則6ヶ月)期間中は1ヶ月10万円、
  そのうちOff−JT期間(3ヶ月)は各月5万円を上限に実費を上乗せ、
  正規雇用から3ヵ月後に50万円。

・若年者等正規雇用化特別奨励金の拡充。

 ※トライアル雇用活用型の支給対象者(現行25歳以上〜39歳以下)において、
  25歳未満の者も対象に含めるよう年齢枠を拡大。

 ※有期雇用(原則3ヶ月)期間中は1ヶ月4万円、正規雇用後、中小企業は100万円、
  大企業は50万円。


【雇用調整助成金の要件緩和】

・急激な円高を受け、直近3ヶ月の生産量が3年前の同時期に比べ15%以上減少している
 赤字企業も対象とする。


この他にも、派遣労働者の直接雇用を促進するための奨励金の拡充等、着目すべき点はあります。
補正予算が何に使われているかをすべて知ることは困難を極めますが、
上記の助成金は知っておいて損は無いものと考えます。


詳しくはこちらをご確認下さい。

先日、厚生労働省より平成22年「賃金構造基本統計調査(初任給)」の
結果が発表されました。

※この調査は、6月分の賃金について7月に調査が行われています。

-----------------------------------------------------------------------
◆ 学歴別にみた初任給

【大学卒】 男女計 197,400円(対前年増減率 0.7%減)
       男性  200,300円( 同     0.5%減)
       女性  193,500円( 同     0.7%減)

      ※男性は、3年ぶりの減少
      ※女性は、5年ぶりの減少

【高校卒】 男女計 157,800円(対前年増減率 0.0%)
       男性  160,700円(対前年増減率 0.1%減)
       女性  153,200円(対前年増減率 0.1%増)

      ※男性は、5年ぶりの減少
-----------------------------------------------------------------------

この結果から、男女ともに平均して前年よりも初任給を下げている企業が
多いことがわかります。

企業規模別や産業別にみた初任給も掲載されていますので、
来年以降の新規学卒者の給与額を決める上で参考にしていただければと思います。


詳しい統計結果はこちらをご覧下さい。

先日、厚生労働省より「平成21年度 賃金不払残業(サービス残業)是正の結果まとめ」
が公表されました。

-------------------------------------------------------------

◇是正企業数◇

 1,221企業(前年度比332企業の減少)


◇支払われた割増賃金合計額◇

 116億298万円(前年度比80億1,053万円の減少)


◇対象労働者数◇

 11万1,889人(前年度比6万8,841人の減少)


※今回の集計は、平成21年4月から平成22年3月までの間に行われた労働基準監督署の
 是正勧告を通じて、不払になっていた割増賃金の支払が行われたもののうち、
 その支払金額が1企業当たり合計100万円以上となったもの。

-------------------------------------------------------------

やはり不況の影響で時間外労働自体が減少しているためか、前年と比較して、
是正支払額は約40%の大幅減となっています。
しかし今もなお、現場レベルでは多くのトラブルが発生していることも事実です。

インターネット等の普及により、労働者の権利意識や知識も格段に向上しています。
対岸の火事と思わず、今一度労働時間の管理状況についてご確認ください。

もちろん、労働時間についてのご相談も随時受け付けております。
お気軽にご相談ください。


詳しい統計結果はこちらをご覧下さい。

総数431件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144