PMネットワーク情報発信 法改正 労働保険

PMネットワーク情報発信

総数428件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143

先日、厚生労働省より「平成22年賃金引き上げ等の実態に関する調査」
の結果が公表されました。

-----------------------------------------------------------------------

◇賃金の改定◇

(1)1人平均賃金の引き上げ(予定も含む)・・・ 74.1%(前年比12.4ポイント上昇)

(2)1人平均賃金の改定額 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 3,672円(前年比589円上昇)

(3)賃金カットを実施(予定も含む)・・・・・・・・・ 23.0%(前年比7.9ポイント低下)


◇定期昇給等の実施◇

(4)定期昇給を実施(予定も含む)・・・・・・・・・・・ 管理職51.6%(前年比4.3ポイント上昇)
                        一般職63.1%(前年比6.4ポイント上昇)


◇労働組合からの賃上げ要求状況◇

(5)労働組合からの賃上げ交渉が
   あった企業  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 71.6%(前年79.6%)
   なかった企業 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 28.4%(前年20.4%))

-----------------------------------------------------------------------

賃金カットを実施した、あるいは実施する予定の企業が23%という結果になり、
前年が30.9%だったことを思うとずいぶん改善されたようにも見えます。
また、その他の数字についても、いずれも前年に比べて改善されている様子が窺えます。

しかしこれらの数字はまだまだ厳しい数字であることには変わりありません。
例えば、「リーマンショック(平成20年秋)」の前に実施された平成19年の数値を見てみると…

上記(1)・・・ 平成19年は84.4%
上記(2)・・・ 平成19年は5,043円
上記(3)・・・ 平成19年は10.2%

やはり依然として「非常に厳しい」ということが良くお分かり頂けるのではないでしょうか。


弊社では、労働者のやる気を維持しつつ、適正な賃金への見直しを図る御社のお手伝いを致します。
いつでもお気軽にご相談ください。


詳しい統計結果はこちらをご覧下さい。

厚生労働省では、「企業が労働保険に加入しているかどうか」をどなたでも簡単に確認できるよう、
ホームページ上に「労働保険の適用事業場検索」のページを運用開始しました。


◇開設場所(厚生労働省のホームページより)
 「行政分野ごとの情報」の『労働基準』
          ↓ 
 「分野別施設の紹介」の『労働保険の適用・徴収』
          ↓ 
 「施策等の情報」の『労働保険に関する総合情報』
          ↓ 
 「適用事業場検索」の『労働保険適用事業場検索』


◇検索方法
 (1)「都道府県」と(2)「事業主名」または「所在地」を入力するだけで、条件に該当する
 労働保険の適用事業場の事業主名と所在地、労働保険の適用状況が一覧で見られます。



事業主の皆様に対しては、加入手続の促進につながると期待されています。
「労働保険が未加入だった!」なんていうことの無いよう、さっそくこの検索機能で
確認してみてはいかがでしょうか。


加入の手続きなどに関しましてはPMネットワークでもご相談を承っています。
PMネットワーク、労働保険事務代行ページはこちらから


詳しくはこちらをご覧下さい。

先日、厚生労働省より「既卒者育成支援奨励金」という助成金が創設されました。

※平成23年度までの時限措置の助成金です。

----------------------------------------------------------------------
受給額は以下の通りです。

□有期雇用期間
 …対象者1人につき月額10万円(最大60万円)

□有期雇用期間の座学等に要した経費(3ヶ月以内)
 …対象者1人につき月額上限5万円(最大15万円)

□有期雇用期間終了後の正規雇用での雇い入れ
 …対象者1人につき50万円(3ヶ月後に支給)

成長分野の中小企業と、卒業後も就職活動を継続中の3年以内既卒者との
マッチングを図り、長期的な人材育成につなげることが目的の助成金です。

ハローワークで求人票を提出の上、「6ヶ月の有期雇用とその後の正規雇用」
が必要です。

----------------------------------------------------------------------

「3年以内既卒者(新卒扱い)採用拡大奨励金」や「3年以内既卒者トライアル雇用奨励金」
等とともに既卒者向けの就職支援制度の1つですが、座学等の実施、成長分野に限定
している点、育成計画書を作成する点で大きな違いがありますので、ご注意して下さい。

弊社でも、求人票の作成・提出、助成金の申請代行をしておりますので、ご相談下さい。


詳細については、こちらをご覧下さい。

総数428件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143