PMネットワーク情報発信 法改正 労働保険

PMネットワーク情報発信

総数428件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143

平成23年度の厚生労働省予算案に基き、既存の助成金について一部内容の変更が発表されました。


-------------------------------------------------------------

<改正予定の概要>

◇中小企業子育て支援助成金

 @支給対象
  平成23年9月30日までに育児休業を終了し、復帰後1年継続勤務をした育児休養者までとする。
 A支給単価 
  支給要件を満たした日が平成23年4月1日以降の対象者からは下記の支給金額を適用する。
  1人目    :80万円(改正前100万円)
  2人目〜5人目:60万円(改正前80万円)

 
◇両立支援レベルアップ助成金

 @労働者数301人以上の事業主は、代替要員確保コースと休業中能力アップコースが廃止。
 A育児・介護費用等補助コースが平成24年1月の申請をもって廃止。
 B助成金の申請先が以下のように変更となる。
  平成23年8月まで:(財)21世紀職業財団地方事務所
  平成23年9月以降:都道府県労働局雇用均等室

-------------------------------------------------------------

新たな助成金制度が次々に打ち出される一方、時限措置であった既存助成金の廃止や減額も決定されています。

これらの助成金がいったいどれほどの雇用改善に貢献できるのか、その結果を見るにはまだ時間がかかりそうですが、
利用できる助成金は積極的に利用し、それが雇用促進に繋がることを期待したいです。



詳しくはこちらをご覧下さい。(厚生労働省・報道発表資料ページより)

中小企業子育て支援助成金

両立支援レベルアップ助成金

先日、厚生労働省より「平成22年度上半期雇用動向調査」の結果が公表されました。

------------------------------------------------------------------------------------

◇入職と離職の推移◇

(1)入職者数・・・・・・・・・・・・・ 373万人(前年410万人)
(2)離職者数 ・・・・・・・・・・・ 376万人(前年423万人)



◇職歴別入職者数◇

(3)転職入職者・・・・・・・・・・・ 226万人(前年241万人)
(4)未就業入職者数・・・・・・・ 147万人(前年169万人) 
                        

◇入職者のうち新規学卒者の状況◇

(5)新規学卒者・・・・・・・・・・・ 73.9万人(前年88.2万人)
              

◇学歴別新規学卒者の入職状況◇

(6)大学・大学院卒・・・・・・・ 33.6万人(前年38.2万人)
(7)高校卒・・・・・・・・・・・・・・・ 23.5万人(前年27.1万人)
(8)専修学校卒・・・・・・・・・・・ 10.2万人(前年10.6万人)
(9)高専・短大卒・・・・・・・・・  5.1万人(前年 8.5万人)

------------------------------------------------------------------------------------

前年に比べ、入職者も離職者も減少傾向にあります。
特に新規学卒者の入職状況については、学歴に関係なく減少していることがうかがえます。

ちなみに、入職者と離職者を一般労働者とパートタイム労働者に分けると、

上記(1)一般労働者・・・・・・・・・・・ 227万人(前年239万人)
上記(1)パートタイム労働者・・・ 146万人(前年171万人)
上記(2)一般労働者・・・・・・・・・・・ 223万人(前年250万人)
上記(2)パートタイム労働者・・・ 153万人(前年173万人)

いずれにしても全体として離職超過幅が減少しております。
今まで以上に、一人ひとりの入職・離職によって発生する職場の影響力が
大きくなってくることが考えられます。


弊社では、労働者が安心して働ける職場環境を実現できるよう
就業規則の見直し等お手伝いを致します。
いつでもお気軽にご相談下さい。


詳しい統計結果はこちらをご覧下さい。

厚生労働省より「成長分野等人材育成支援事業」の奨励金が創設されました。

※平成24年3月31日までの暫定措置の奨励金です。

----------------------------------------------------------------------
□ 概要

健康、環境分野及び関連するものづくり分野において、期間の定めのない従業員を雇入れ、
または他の分野から配置転換し、Off−JTを実施した場合、その訓練費用の助成を受けることが
できます。


□ 支給額

訓練費用×対象人数(上限20万円/1人)
※中小企業が大学院等を利用した場合には、上限50万円/1人


□ 受給要件

・健康、環境分野および関連するものづくり分野の事業を行っていること
・1コースの訓練時間が10時間以上であること
・Off−JTであること
・所定労働時間内に実施される訓練が、総訓練時間数の3分の2以上であること等


□ 注意点

・申請には、予め職業訓練計画の「作成・提出・認定」が前提になります。
・認定までの審査時間も考えて実際の訓練の開始1か月前には訓練計画書の提出が必要になります。
・「キャリア形成促進助成金」等の同一の事由で同時に支給を受けることはできません。

----------------------------------------------------------------------
 
この奨励金は健康、環境分野及び関連するものづくり分野に限定されていることと、
計画ありきの奨励金ということで少しややこしく感じるかもしれません。

ご不明な点がございましたら、弊社でも対応していますので、お気軽にご相談して下さい。


詳細については、こちらをご覧下さい。

総数428件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143