PMネットワーク情報発信 法改正 労働保険

PMネットワーク情報発信

総数428件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143

平成23年2月分の毎月勤労統計調査結果が公表されました。

詳細ついては以下のとおりです。

----------------------------------------------------------------------------

◇事業所規模5人以上の給与額◇

 ○給与総額・・・・・・・・・・・・・・・・ 264,751円
  ・うち、所定内給与・・・・・・・・・・243,016円
  ・うち、所定外給与・・・・・・・・・・・ 18,530円
  ・うち、特別に支払われた給与・・・ 3,205円
 

◇事業所規模30人以上の給与額◇

 ○給与総額・・・・・・・・・・・・・・・・ 294,764円
  ・うち、所定内給与・・・・・・・・・・266,616円
  ・うち、所定外給与・・・・・・・・・・・ 24,243円
  ・うち、特別に支払われた給与・・・ 3,905円

---------------------------------------------------------------------------

事業所規模5人以上での給与総額は前年対比で微増ですが、
これは所定外給与額が増加しているためであって、
所定内給与は若干下がっております。

このことを裏付けるように、所定内労働時間は前年対比で下がっていますが
所定外労働時間は上がっている結果となっています。

事業所規模30人以上での給与総額および所定内、所定外はともに増加していますが、
労働時間については事業所規模5人以上の場合と同じように
所定内労働時間は前年比で下がり、所定外労働時間は上がっています。

この結果は平成23年2月分ですので、3月分以降は東日本大震災の影響により
大きな変化があることが予想できます。


労働時間等を含めた詳細についてはこちらをご覧下さい。

震災による影響を受けた派遣元事業主に対し、派遣労働者の雇用維持を図るため
雇用調整助成金の支給要件に特例措置が設けられました。

----------------------------------------------------------------------------

震災の影響により操業が縮小した派遣先との契約が打ち切られたことにより、
事業活動が縮小してしまった派遣元事業主の方が派遣労働者の雇用維持のために休業等を実施し、
休業手当等を支払った場合、負担相当額の2/3(中小企業の場合は4/5)が支給されます。
(地震の直接的な影響によるもの等は助成対象にはなりません)

負担相当額の1人1日あたりの上限は7,505円です。

◆支給要件

@ 雇用保険の適用事業主であること

A 売上高等の事業活動を示す指標の最近3ヶ月間の月平均値がその直前又は前年同期に比べ
  5%以上減少していること。

◆特例措置

以下のいずれかの場合においては、最近3ヶ月ではなく、1ヶ月の売上高等が
その直前の1ヶ月または前年同期と比べ5%以上減少していれば対象となります。
(平成23年6月16日までは震災後1ヶ月の売上高などが減少する見込みでも可)

@ 青森、岩手、宮城、福島、茨城、栃木、千葉、新潟、長野の9県の災害救助法適用地域に
  派遣元の事業所がある場合

A @の災害救助法適用地域にある事業所等と一定規模以上の経済的関係を有する場合
  (助成金を受けようとする事業所の総事業量の3分の1以上)

B 計画停電の実施地域に所在する事業所において、計画停電により事業活動が縮小した場合


----------------------------------------------------------------------------

雇用調整助成金は製造業向けの助成金といったイメージがあるかもしれませんが、
派遣先の震災による事業縮小に伴い、派遣料収入の減少したこと等が
経済上の理由による売上高の減少と考えられます。
対象となるかどうか、疑問等ございましたらどうぞお問い合わせ下さい。


詳しくはこちらをご覧下さい。

平成23年4月1日より、在職老齢年金の支給停止の基準額が変わりました。

----------------------------------------------------------------------------

老齢厚生年金の受給権者が厚生年金の被保険者である場合、年金額と賃金との合計額が
一定基準額を超えた場合に、年金額の全部又は一部が支給停止されます。(在職老齢年金制度)

平成23年度、この支給停止の基準額が以下のように改定されました。


◇47万円⇒46万円


(60歳〜64歳の方)
・賃金(賞与込み月収)と年金の合計額が28万円を上回る場合は、支給停止額が変更になります。
・賃金(賞与込み月収)と年金の合計額が28万円以下の方は変更はありません。

(65歳以上の方)
・賃金と厚生年金(報酬比例部分)の合計額が46万円を上回る場合には、支給停止額が変更になります。

※在職老齢年金制度の詳細についてはこちらをご覧ください。

上記の基準額「28万円」と「46万円」は、法律上、賃金の変動などに応じて自動的に改定されます。
今回は、平成22年の名目賃金の下落(▲2.0%)により、47万円が46万円に改定となりました。


----------------------------------------------------------------------------


「支給額が年々減っていくね」・・・と、耳を澄ませば不満の声も聞こえてきそうです。
だからこそ、事業主の皆様には個々の年金を把握し、少しでも最適な給与額を設定していただきたいのです。

私共も「年金額に対し最適な給与額をシミュレーションして欲しい。」というご相談をよくお受けしますが、
今回の改定でも、給与額見直しが必要な方がいないかどうかを一度確認してみてはいかがでしょうか。


詳しくはこちらをご覧下さい。

総数428件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143