先日、厚生労働省より「平成21年度 賃金不払残業(サービス残業)是正の結果まとめ」
が公表されました。

-------------------------------------------------------------

◇是正企業数◇

 1,221企業(前年度比332企業の減少)


◇支払われた割増賃金合計額◇

 116億298万円(前年度比80億1,053万円の減少)


◇対象労働者数◇

 11万1,889人(前年度比6万8,841人の減少)


※今回の集計は、平成21年4月から平成22年3月までの間に行われた労働基準監督署の
 是正勧告を通じて、不払になっていた割増賃金の支払が行われたもののうち、
 その支払金額が1企業当たり合計100万円以上となったもの。

-------------------------------------------------------------

やはり不況の影響で時間外労働自体が減少しているためか、前年と比較して、
是正支払額は約40%の大幅減となっています。
しかし今もなお、現場レベルでは多くのトラブルが発生していることも事実です。

インターネット等の普及により、労働者の権利意識や知識も格段に向上しています。
対岸の火事と思わず、今一度労働時間の管理状況についてご確認ください。

もちろん、労働時間についてのご相談も随時受け付けております。
お気軽にご相談ください。


詳しい統計結果はこちらをご覧下さい。