平成22年度の税制改正により、平成23年分の給与の源泉徴収事務について
次のような改正が行われます。

□15歳以下の扶養親族に対する扶養控除の廃止
 
 扶養控除の対象が、16歳以上の扶養親族(以下「控除対象扶養親族」と
 いいます。)になりました。


□16歳以上18歳以下の人の扶養控除の上乗せ部分(25万円)の廃止
 
 廃止の結果、上記の人に対する扶養控除の額が38万円になりました。
 また、これに伴い特定扶養親族の範囲が、19歳以上22歳以下の扶養親族
 に変更になりました。


□源泉徴収税額表においては控除対象配偶者、控除対象扶養親族の
 人数等(扶養親族等の数)に応じて税額を算出


これらの改正は平成23年1月1日以後支払うべき給与について適用されますので、
今年の年末調整から準備をしていく必要があります。

弊社でも給与計算・年末調整を行っておりますのでご不明な点は、一度ご相談下さい。


詳細はこちらをご参照下さい。